アルファルファ-ムラサキウマゴヤシ-MedicagoSativa

アルファルファの味を知っている(笑)

今日、紹介するのはアルファルファです。1980年代に健康食品として流行したらしいですが、まだ小さかった僕はその当時の記憶はありません。

しかし、その後、北海道の畜産系の大学に進学した僕にとって、アルファルファはかなり身近な植物だったりします。

ただし、人の食べ物というより、牛のエサの印象が強いですが(笑)

現在はどうか良く知りませんが、15年ほど前、僕が大学生だった頃、牛のエサはアルファルファで作ったサイレージが主流でした。

サイレージと聞いてピンとくる人はほとんどいませんよね(^^;

サイレージは植物を発酵させて作ったエサです。通常の乾燥させたエサよりも栄養が豊富で美味しい(?)らしいです。

ちなみにですが、大学の実習で、アルファルファサイレージの乳酸菌数を測定したことがあります。アルファルファサイレージを水につけたものをホールピペット(ガラス管を口で吸うタイプのもの)を別の容器に移す際、思いっきり吸い込んでしまいました。急いで吐き出しましたが、しっかりとサイレージを味わってしまいました(^^;

その時の印象は……あれ?以外に美味しいぞ……でした(笑)なんというか、しっかりとした発酵食品の味でしたよ。

機能性に関する報告は少ないがとにかく栄養抜群!!

サプリメントでよく話題となるような機能性成分に関する報告はあまり聞きません。その代わりと言ってはなんですが、アルファルファは栄養価が高いことで有名です。

そもそものアルファルファという言葉はもともとペルシャ語で「最高の食べ物」を意味する言葉だったり、アメリカでは「食物の父」と呼ばれていたりと、その評価は高いです。

アルファルファの素晴らしいところはその栄養価の高さです。ビタミン、ミネラル、クロロフィル、食物繊維を豊富に含んでいます

ミネラルについて言えば、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、カリウムなどを多く含んでいます。

また、ビタミンについてはビタミンA、ビタミンB群、そして比較的珍しいビタミンKの優秀な補給源となります。

最後にクロロフィルと食物繊維についてですが、これらを合わせて、デトックス効果の高い植物だと言えそうです。

クロロフィルには食事からのコレステロールの吸収を抑える効果があります。血中のコレステロール値が下がると、血液がさらさらになり、血圧も下がります。

それでいて、クロロフィル自体は吸収されることなく、有害な物質とともに排出されるようになっています。

食物繊維で便秘も解消されれば、高いデトックス効果が期待できますね!

アルファルファの良いところ
  • カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、カリウム、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンKを豊富に含んでいる
  • デトックス効果が期待できる(クロロフィルと食物繊維)

アルファルファのサプリメントってどう?

アルファルファを摂りたいのであれば、まぁ、サプリメントで摂るのが無難でしょう。

冒頭で、アルファルファを発酵させて牛のエサにする話を書きましたが、ようするに乾燥させたままでは牛もあまり好んで食べない植物なんです。

つまり、栄養価は抜群なのに美味しくないってことですね(^^;

さて、アルファルファのサプリメントですが、個人的には単体のサプリメントは取り立ててオススメするほどのものではないように思っています。

確かに栄養は豊富ですが、それだけを摂っても偏ってしまいます

複数の食物と合わせることで、バランスの取れたサプリメントを選んだ方が賢いように思います。

ちなみに僕のオススメはダントツでこれです。